世界ストリートボード選手権 2011 レポート

ストリートボード世界選手権2011

2011年12月オーストリア・リンツにて、ストリートボード世界大会が行われました。とても寒い冬のオーストリアで、ストリートボード史上一番と言えるほど熱く、ハイパフォーマンスな大会でした。

大会を運営したのは、DimensionStreetboardsドイツ人チームライダー、Gotthard Pilsnerと数人のオーストリア人ライダー。彼らの質の高いオーガナイズにより、スケボーパーク、ホテル、パーティー会場、すべて居心地が良く、そのおかげで出場選手達のパフォーマンスも最高なものになったのだと思います。

まず圧倒的な去年までとの違いは、試合中のミスの少なさ! 転ばない転ばない! なんだか、パワーの中にも、ぶっ飛びの中にも、そこには丁寧さが必ずあるように見えた。そしてニュージェネレーション、ニューフェイスの参入。スペイン、イギリス、ドイツ、スイス、ハンガリー、イタリア、そして日本からも。女性の選手も参加。アンダー20も。

ここ数年、ストリートボードの世界大会は、音楽フェスティバルやスポーツイベントの中で行われ、多くの観客、メディアの前での大会でした。それらと比べると2011年ストリートボード世界大会@オーストリアは、こじんまりとはしましたが、純粋に“ストリートボーダーの、ストリートボーダーによる、ストリートボーダーのため”のイベントになり、自分たちがやってるスポーツの全世界における成熟度、そして課題などをとてもシンプルに把握でき、国境なく披露し合い、話し合うことが出来る世界大会でした。

結果報告

<ミニランプ部門>

  1. 1. Max Anderson(イギリス)
  2. 2. Thomas Trefzer(スイス)
  3. 3. Gabi Muñoz(スペイン)
  4. 4. Sergi Nicolas(スペイン)
  5. 5. Christian Kamm(ドイツ)
  6. 6. Malte Goode
  7. 7. Thomas Kienle(ドイツ)
  8. 8. Max Maier
  9. 9. Gustav Schmøller
  10. 10. Georg Mayrhauser
  11. 11. Ingo Fohre(ドイツ)
  12. 12. Jonas

<ストリート部門>

  1. 1. Gabi Muñoz(スペイン)
  2. 2. Max Anderson(イギリス)
  3. 3. Gotthard Pilsner(ドイツ)
  4. 4. Sergi Nicolas(スペイン)
  5. 5. Christian Kamm(ドイツ)
  6. 6. Thomas Kienle(ドイツ)
  7. 7. Thomas Trefzer(スイス)
  8. 8. Peter Borr
  9. 9. Gabriel Arguelles(オーストリア)
  10. 10. Simon Johns(イギリス)
  11. 11. Eduardo Wojcik(ドイツ)
  12. 12. Mattia Sacchi(イタリア)

日本国代表の宇田川修人

実は彼、世界大会前の3週間はスペイン人ストリートボーダー、セルジ・ニコラスのもとで暮らし、スペインで彼と共にストリートボーディングをしていました。一般的に海外で3週間のスケートと聞くと、とても楽しそうに聞こえますが修人の3週間は楽しくもまたハードな練習の日々でもあったはず。

ストリートボード世界選手権2011 宇田川修人

宇田川修人(左)

彼自身、世界大会前に少しでもスキルアップをとの思いで渡ったスペイン。そして事実、たくさんの経験とキズを抱えて世界大会に挑んだ。世界大会という大舞台、体中が痛む状態で彼は自分の滑りを最大限に披露しました。

若干16歳、ストリートボード歴3年未満、1人でスペイン(笑)、そして世界大会出場。誰が真似できますか?! 実際に世界大会後、世界中のライダーから修人を称えるメッセージをいただいてます。おつかれ、修人!!!